矯正歯科専門医
村上矯正歯科クリニック

小田原市 矯正歯科 日本矯正歯科学会 専門医  当院は日本矯正歯科学会認定の専門医です

電話をかける
治療費用
治療費用


不正咬合(ふせいこうごう)
矯正治療はかみ合わせの悪い患者さんを対象にした治療です。 そのかみ合わせの悪い状態は不正の咬合と呼ばれています。
不正咬合は、歯と顎の大きさのアンバランス、遺伝性のもの、習慣性の癖、鼻疾患や舌の異常や歯の位置異常などにより、成長過程の子供のうちに作られます。 したがって、かみ合わせの悪い状態で成長させない為に、大人になってから治療を始めるよりも子供のときから開始するのがより有効的なのは容易に理解できます。
不正咬合をほっておくと、虫歯、歯周病はもちろん顎関節症の原因になることがあり、また肩こりなどの関係諸筋肉のスパム(筋緊張)の原因にもなることがあるのです。
※通常これらの不正咬合は、明確にそれぞれを分けられるのではなく、口腔内ではいろいろな状態で混在しています。

画像をクリックするとそれぞれの症例紹介へジャンプします


 
出っ歯
上顎前突とよばれるもので、上顎前突と言ってもいくつかの種類があります。
上の顎が前に位置しているもの、あるいは下の顎が後ろへ後退しているといった骨格性のものや、上下の顎の前後的関係は正常でも、上の歯が前突しているもの、下の歯が後ろへ傾斜しているような歯性のものもあるのです。

治療前
出っ歯 矯正治療前2出っ歯 矯正治療前1
治療中
出っ歯 矯正治療中
治療後
出っ歯 矯正治療後出っ歯 矯正治療後2


 
受け口(一期治療)
反対咬合とよばれるもので、これにも骨格の異常と歯の位置異常があります。
下の顎が過剰成長している場合や上の顎が劣成長しているような骨格の異常と、何らかの原因で上の前歯が内側に傾斜していたり、下の前歯が前方に傾斜しているような場合です。いずれも原因はあるのですが、骨格性の場合は特に早期治療が必要です。
矯正治療のみの治療で直すことができないような場合は、成人の年頃に外科矯正を必要とします。

大人の受け口
治療前
受け口 矯正治療前
治療後
受け口 矯正治療後



子供の受け口
治療前
受け口 矯正治療前3受け口 矯正治療前1受け口 矯正治療前2
治療中
治療後


 
開咬
この種の不正咬合は、口呼吸や口腔周囲筋の不調和が原因で起こるほか、指しゃぶりなどの悪習癖も原因となります。歯を囲む骨が変形したり、あごの成長方向が変わることも。

治療前
開口 矯正治療前
開口 矯正治療前開口 矯正治療前開口 矯正治療前
治療中
開口 矯正治療中開口 矯正治療中開口 矯正治療中
治療後
開口 矯正治療後開口 矯正治療後


 
乱ぐい歯
歯並びが乱れたかみ合わせのことで、上の犬歯が飛び出ているのも良く見られます。
成長が正常でも、顎の大きさに比べ歯が大きすぎるような単純な原因の場合や悪習癖、鼻疾患に伴う口呼吸、舌の動きの異常などにより、本来あるべき顎の大きさ(成長が十分である)を持つことができなくてなるようです。

治療前
乱ぐい歯 矯正治療前
治療中
乱ぐい歯 矯正治療中乱ぐい歯 矯正治療中
治療後
乱ぐい歯 矯正治療後


 
Bi-Maxillary protrusion(上下突出)
上下の顎あるいは上下の歯ならびが様々な原因によって前方に位置しているもので、サル顔のイメージを与えます。このタイプの不正咬合では、矯正用インプラント(ISA)の併用により今まで以上の改善が得られるようになっています。

治療前
矯正治療前 Bi-Maxillary protrusion(上下突出)矯正治療前 Bi-Maxillary protrusion(上下突出)矯正治療前 Bi-Maxillary protrusion(上下突出)
治療中
矯正治療中 Bi-Maxillary protrusion(上下突出)
治療後
矯正治療後 Bi-Maxillary protrusion(上下突出)矯正治療後 Bi-Maxillary protrusion(上下突出)矯正治療後 Bi-Maxillary protrusion(上下突出)


 
顎変形症・外科矯正
既に成長がなくなった成人に対し行われ、日本では特に骨格性の反対交合の治療に行われます。外科手術を併用するもので、下顎骨を離断して後方にさげるものです。矯正治療は外科手術の前後で行います。
このように外科手術を併用する場合、矯正治療も外科手術も保険が適用されます。

治療前
顎変形症・外科矯正 矯正治療前
顎変形症・外科矯正 矯正治療前顎変形症・外科矯正 矯正治療前顎変形症・外科矯正 矯正治療前
治療中
顎変形症・外科矯正 矯正治療中顎変形症・外科矯正 矯正治療中
治療後
顎変形症・外科矯正 矯正治療中顎変形症・外科矯正 矯正治療中
顎変形症・外科矯正 矯正治療中顎変形症・外科矯正 矯正治療中顎変形症・外科矯正 矯正治療中


 
過蓋咬合
治療前
過蓋咬合 矯正治療前
治療中
過蓋咬合 矯正治療中過蓋咬合 矯正治療中
治療後
過蓋咬合 矯正治療後


 
矯正用インプラント(ISA)
これは問診の一部ですが、こんな症状をお持ちの方は口腔周囲筋トレーニング対象者で、矯正歯科治療が必要な方ですし、比較的重篤な原因を持っている方だと思います。
ISAはTADとも呼ばれ、大学病院レベルではかなり前から臨床に使用されていました。ISAはインプラントの一種で、矯正歯科用に開発されたもので歯槽骨(歯が植わっている骨)や口蓋骨(上あごの骨)に埋入するのが普通です。中学生以降の永久歯列の患者さんで、骨がしっかりしていれば年齢は問いません。
歯を動かすということは、どこかに固定源があり、固定がしっかりしていれ ばいるほど歯を固定源の方向へ動かすことができるわけです。
今までは限界とされていた治療結果を、さらにその限界を伸ばしたということになります。 写真でお分かりのように、従来の治療と比べるとワイヤーも比較的シンプルで、患者さんの煩わしさも軽減されていると思います。

治療前
矯正用インプラント(ISA) 矯正治療前矯正用インプラント(ISA) 矯正治療前
治療中
矯正用インプラント(ISA) 矯正治療中矯正用インプラント(ISA) 矯正治療中
治療後
矯正用インプラント(ISA) 矯正治療後矯正用インプラント(ISA) 矯正治療後


 
部分矯正
部分矯正治療は、歯の一部分を動かすことによって、矯正歯科治療を完了するのですが、その後の一般歯科の治療の助けとする場合もあります。

治療前
部分矯正部分矯正
治療中
部分矯正
治療後
部分矯正




▲ページのトップへ▲